[伝統と格式の唐澤山神社] 初詣・祈祷・祭事・ハイキング・お食事 - 栃木県佐野市 唐沢山神社

唐澤山神社
トップページ沿革由緒古跡・旧跡山内案内図祭典・行事・御祈祷伝説年表唐澤山荘レストハウス唐澤山の四季ハイキングコース交通案内
トップページ 沿革 由緒 古跡・旧跡 山内案内図 祭典・行事・御祈祷 伝説 年表 唐澤山荘 レストハウス 唐澤山の四季 ハイキングコース 交通案内
年表

唐澤山神社年表
延喜16年(916) 
秀郷配流
延長7年(929) 
秀郷乱行
天慶3年(940) 
秀郷、平貞盛等と将門破る。秀郷、従四位下に叙す。功田を賜る。下野、武蔵両国国司を兼任する。
安和元年(968) 
秀郷の子・千晴、隠岐へ流罪。秀郷の子・千常、乱を起こす。
保元2年(1157) 
佐野の庄、院領となる。
保元3年(1158) 
秀郷子孫・足利家綱、天覧相撲出場。家綱の子・成俊、佐野の庄を支配し、佐野氏を起こす。
治承4年(1180〜) 
藤姓足利氏一族分裂。家綱の子・俊綱、忠綱は平氏方へ、俊綱の弟・有綱とその子三人は源氏方へ。
養和元年(1181) 
俊綱、桐生六嘯ノ殺される。有綱、首を自検す。
承久3年(1221) 
宇治川の合戦(平家物語)にて、忠綱が秀郷公より伝来の避来矢(平石)の鎧着用。
1200〜1500年 
唐澤山城の改築を繰り返す。
永禄4年(1561)〜
天正10年(1582) 
上杉謙信、10回にわたる佐野攻略。
天正13年(1585)
宗綱、長尾顕長との戦いに須花に於いて戦死す。
天正13年〜
天正18年(1590)
北条氏忠、養子として佐野城主となる。
天正20年(1592)
修理太夫信吉、佐野城主となる。
慶長7年(1602)
唐澤山から春日岡への移城を命じられる。
慶長19年(1614)
佐野信吉改易。信州松本へ配流。
寛永11年(1634)
信吉、御赦免。江戸へ出府。
寛永13年(1636)
信吉の子・二人、旗本となる。
明治13年(1880)
藤原秀郷公の霊廟を唐澤山古城跡に建設する事が唱えられる。沢英社が組織され、東明会が発足する。
明治14年(1881)
天下谷政重氏を受持神官に定める。
明治16年(1883)
佐野常民氏、東明会総裁となる。
明治16年(1883)
大殿祭・鎮座祭を執行す。四月二十五日、十月二十五日を大祭日と定める。
明治23年(1890)
別格官幣社に列せられる。秀郷公子孫、佐野郷初代宮司を拝命、新築拝殿落成。
明治24年(1891)
引局南方山崩れ、現在の参道となる。秀郷公900年祭を執行す。
明治27年(1894)
皇太子の行啓の栄によくす。
明治40年(1907)
本殿造替。
明治42年(1909)
拝殿造替。
昭和27年(1952)
宗教法人・唐澤山神社となる。
昭和38年(1963)
御鎮座八十年祭執行す。
昭和58年(1983)
御鎮座百年祭執行す。

このページのトップへ